債務整理・過払い無料相談TOP

あなたの借金問題には、4つの解決策があります

自己破産 過払い請求

過払い請求について



  • ご自身での面倒な手続は一切ありません。
  • 借用書,振込用紙などの書類がなくとも,請求は可能です。
  • 過払い請求をする場合,ブラックリストには載りません。
  • 家族や会社に内緒で手続することができます。
  • 明細などの書類が残っていなくても業者名さえ覚えていれば調査をすることが可能です。
  • 信販会社のクレジットカードによるキャッシングの場合も,過払い金を取り戻せる場合が多くあります。

完済した方の場合

無料相談はこちら

ご相談いただいて過払い金の可能性があれば,
すぐにサラ金などに対する過払い金調査を行います。
過払い金があることが分かったら,ただちに返還を請求します。
ここまでは弁護士費用がかかりません。

過払い金を回収できなかった場合は,弁護士報酬はかかりません
ご依頼いただければ,あなたご自身の面倒な手続きもなく取り戻せます。
過払い金は,完済後10年の時効で消滅しますので,お早めにご相談ください。

完済の場合のほか,返済中の方であっても
実は過払いになっていて,逆に取り戻せる場合があります。

無料相談はこちら

ほとんどの方には知られていないことなのですが、実は借金返済には4つの方法があり、あなたがどんな状況に追い込まれていたとしても必ず救済方法があり、法律によって守られているのです。

お金をどこから借りているか、一社だけなのか、複数の会社から借りているのか、借金額とあなたの現在の収入、財産によって返済方法を決めていくことができます。

しかしただ借金を返すだけというのなら話はそんなに難しいことではないのですが、返済方法によって、その後の人生にいくつか制約が生まれる場合もあるのです。

持ち家があり家族がいるなら家を手放すのは難しいでしょう。
職場に車で通勤しているのであれば、マイカーを残さないといけません。

このように個々人の状況に合わせる必要があるのです。

あなたが借金返済後にどのようにして暮らしていきたいのか。

家族がいるならば、あなたの借金による制約で家族の人生の幅を狭めてしまっても良いのか。
すべてを精算していちから頑張っていくのか。

それはすべて「あなたが今後の人生をどのようにしていきたいか」という想いが一番大事なのです。

自己破産以外にも借金返済の方法があり、あなたが時間をかけてでも返済するという気持ちがあれば、その想いに応えてくれる法律があります。
あなたの周りの大切な人たちに迷惑をかけたくない、家族を守りたい。

そんな気持ちを大切して欲しいと私は思っています。

しかし、そうは言ってもあなたの収入や財産と借金の額やどこから借りているかなどの状況によって、あなたが求めてるいる返済方法を選ぶことができないこともあります。

またそれぞれの返済方法には細かい規定が設けられているため、しっかりと話し合いを行わないと、あとからこんなはずじゃなかったと後悔することになってしまいます。

借金返済方法の選択は実はあなたの今後の人生にかかわる大変デリケートな問題であり、どの方法を選択するかによって人生が一変してしまう可能性が非常に大きいのです。


そのためにはあなたの人生にまで深く関わりをもたなければ本当にあなたを救ったことにはなりません。

今の苦しみから逃れるために法律を利用するのではなく、あなたの、そしてあなたの大切な人たちの人生が本当に素晴らしい幸せな人生へと変わるためならば多少の苦しみを覚悟していただく、そんな提案もするつもりです。

私と一緒に新しい人生の第一歩を踏み出してみませんか?

札幌債務整理・過払い救済相談では少しでもあなたの負担が軽くなるよう当事務所にて借金返済の無料相談を行うようにしています。

ご相談は無料ですが、予約制となっておりますので、お手数ですがお電話にてご予約いただくか、申込フォームからお申し込みください。


⇒過払い請求、無料電話相談はこちら
⇒その他の債務整理に関する無料相談はこちら

メールでのお申し込み・お問合せ

お名前 ※必須
電話番号
メールアドレス ※必須
連絡方法 ※必須 電話  (通話可能な時間帯: の間 )
メール
どちらでも良い

※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時 第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
ご質問、状況などを
ご入力ください。

お客様の声

⇒過払い請求、無料電話相談はこちら
⇒その他の債務整理に関する無料相談はこちら

メールでのお申し込み・お問合せ

お名前 ※必須
電話番号
メールアドレス ※必須
連絡方法 ※必須 電話  (通話可能な時間帯: の間 )
メール
どちらでも良い

※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時 第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
ご質問、状況などを
ご入力ください。