債務整理・過払い無料相談TOP > 解決事例 お客様の声

過払い返還に対する最近のサラ金の提示

2011年10月18日 17:43

過払い金返還請求に対する,有力4社の対応は後掲のとおりです。
いずれも,ここ1,2か月(9,10月)の傾向であり,個別に違う場合もありますし,今後さらに悪化する可能性は充分あります。


これが,訴訟ということになると,強制執行をするまでもなく,
一気に額が上がり,返済時期も見事に早まるというのが現実です。

例えば,プロミスにつき,三井住友銀行が2000億円を投入して立て直すといっても,
必ずしも,消費者=過払い金返還請求者にとって
経営合理化の煽り(あおり)を喰らって,値切り,支払時期の長期化などで対応されることもあり得るからです。

やはり,消費者=過払い金返還請求者側で採るべき現在の途は,とにかく速く進めて早く回収する方法を考え,実行することに尽きるでしょう。

○ アコム
  元本の7割を約6ヶ月後に返還

○ アイフル
  元本の3割弱を1か月後,あるいは,4割弱を6か月後に返還

○ プロミス
  元本の6割を約10ヶ月後に返還

○ レイク(新生フィナンシャル)
  元本の7割を約3ヶ月後に返還

○ CFJ
  元本の7割5分を約1ヶ月後に返還

お知らせ記事の一覧

ページ上へ