債務整理・過払い救済

過払い請求

過払い請求とは
「過払金」とは,サラ金業者などの高利貸金業者に,契約に従って利息(約定利息)を支払って返済していたら,実は,とっくに返済は終わっており,払い過ぎになっていた(「過払い」)お金のことです。

貸し金の利息には上限がある
貸金の利息の上限を定める法律として,利息制限法があります。しかし,サラ金業者などは,債務者に,この法律の定めた利息(法定利息)を超えた利息(超過利息)を支払わせています。そのため,長年支払いを続けると,このようなお金が発生するのです。

5年程度の取引があれば,過払金が発生する可能性があります。10年程度の取引の場合には,過払金が発生する可能性が非常に高くなっています。過払金が発生しているかどうかは,取引履歴を下に利息制限法に引き直し計算をしてみないと分かりません。


まずは弁護士に相談を
消費者金融業者との間で長い間取引をしている方は,まずは弁護士に相談してみることです。そして,業者に取引履歴を出させることです。

ところで,貸金業法改正平成18年改正法により,「みなし弁済」の規定が廃止されることになりました。
したがって,一定時期以降は,一応まともな業者との取引であれば,過払い金も発生しないことになります。
しかし,法改正によっても,既に発生した過払い金に影響を与えるものではありません。既に発生した過払い金はそのまま残ります。年利5パーセントの預金は預けたままということになります。

そして,過払い金返還請求権の消滅時効は10年間ですので,既に完済した場合であっても,最後の返済が10年以内であれば,法律上は過払い金の返還を受けることができるのです。

ただし,過払い金返還が増えた結果,サラ金業者などの高利貸金業者の中には,倒産したり,廃業するほか,経営状態が悪化している者も増えており,過払い金の回収は,早い者勝ちになりそうな状況です。


過払い請求とは
手続きの流れ
消滅時効について
利息制限法
引直計算・みなし弁済
取引履歴の開示

[0]トップページ

今すぐ無料相談のご予約を! 予約フォーム Tel:0120-481744
Mail:smaedalaw.hp@gmail.com

前田尚一法律事務所
Copyright S.MAEDA&CO. All rights reserved.

札幌市中央区南1条西11-1 コンチネンタルビル9階
地下鉄東西線「西11丁目駅」2番出口から右へ45秒
地図 TEL:0120-481744