債務整理・過払い救済

正しい知識を

借入先によって違う?
弁護士が債務整理を受任した場合,借金が残って分割払いの交渉をしたり,過払いになって過払い金返還の交渉をしたりします。それぞれの金融業者により対応はまちまちで,それぞれ特徴はあります。

ただし,他の弁護士と情報交換して集約したものではなく,一事務所の対応した限りでの経験談とお考え下さい。

銀行、信金など
金融業界の優等生であり,過払いになることは,まずありません。また,弁護士が介入すると,保証会社から代位弁済を受けてしまうので,銀行等と直接分割返済の交渉をすることは,ほとんどありません。 個人の場合,銀行と交渉するのは,住宅ローンに関連した事項が多いという印象です。

日本政策金融公庫(もとは,国民生活金融公庫)
個人事業主の事業資金借入れ,子どもの教育資金の借入れなどで登場することが多い。

ここも銀行等と同様に代位弁済を受けてしまうことが多い。ときどき残債の一括返済の交渉をしますが,減額交渉は全く不可能。逆に,返済日までの遅延損害金の付加を求められます。

ちなみに,なにげなく返済期日よりかなり前に一括返済してしまうと,繰上げ日数分の損害金を返してきたりすることもあり,びっくりすることもあります。運用が硬いんですね。

信販会社
自動車ローンで登場することが非常に多い。ここも担当者の対応は,常識的で印象はよい。
ときに経営不振の中古車販売業者が不正行為を行い,消費者が巻き込まれることがある。このような場合の対応は,非常に厳しくなり,協力を得ることは難しいといえます。

(1)JCB
取引履歴が複雑で事務員泣かせの信販です。しかし,大手ですので担当者の対応は,常識的で特にもめることはありません。

(2)オリエントコーポレーション
個人事業主の事業資金借入れ,子どもの教育資金の借入れなどで登場することが多い。
ここも銀行等と同様に代位弁済を受けてしまうことが多い。ときどき残債の一括返済の交渉をしますが,減額交渉は全く不可能。逆に,返済日までの遅延損害金の付加を求められます。ちなみに,なにげなく返済期日よりかなり前に一括返済してしまうと,繰上げ日数分の損害金を返してきたりすることもあり,びっくりすることもあります。運用が硬いんですね。

(3)ジャックス
闘う信販会社との評価もありますが,通常の債務整理に関しては,特段もめることはありません。
ただ,架空ローンなど不正行為に関しては,なかなか妥協せず非常に厳しい対応です。

(4)三菱UFJニコス
和解交渉で難航することは,ほとんどありませんが,問題は,取引履歴開示の遅さです。数か月かかることがほとんどで,三菱UFJニコスだけが取り残され,債務整理が遅延することもしばしばあります。この会社だけがなぜこれほど履歴の開示が遅延するのか不思議です。


サラリーマン金融
(1)アコム
定期的に異動があるようですが,同じ担当者から電話が入ることが多く,弁護士ごとに担当者が決まっているのかもしれません。担当者にもよりますが,総じて穏当で常識的な対応です。もめるとすれば,取引中断期間が長期だったり,消滅時効がからむ事案でしょう。

(2)プロミス
ここもアコムと同様に,常識的な対応です。もめるのも,アコムの場合と同様の事案です。やはり,プロミス,アコムは,銀行の後ろ盾があるので,今でも余裕を感じます。

(3)アイフル
数年前に不祥事を起こして問題化してからは,非常に丁寧な対応になっており,過払い金の返還にもあまり抵抗しませんでした。そのためか,昨年ころから経営状態が悪化しているとの噂もあり,今後は,厳しい対応になることが予想されます。

(4)武富士
もともと分割返済にあたっては,遅延損害金の付加を要求してくるなど,ときにやっかいな相手でした。ただ,過払い金の返還に関しては,あまりけちらない会社のはずでした。

ところが,昨年末ころから経営状況は良くないようで,女子バレー部も廃部してしまいましたね。過払い金返還交渉においても,訴訟前の段階では,5割しか返還できないと連絡してくるようになりました。それでは駄目だと突っぱねると,担当者は,検討しますと言ったまま放置します。

こうなると訴訟提起せざるをえません。今年に入ってから,このような担当者の対応がおおくなりましたので,会社内部のマニュアルが変更になったのではないかと想像できます。

アイフルと同様,銀行の後ろ盾がないようで,今後ますます厳しい対応となることが予想されます。

SFコーポレーション(もとの三和ファイナンス)
三和ファイナンスの時代から,分割返済の場合,頻繁に電話を掛けてきて早期の和解を迫ったり,遅延損害金を要求したりとかなりやっかいな相手でした。過払い金の返還に関しても,和解したのに堂々と支払わず,債権者から会社破産を申し立てられたりしました。

最近では,弁護士からの分割返済提案に対して,一括返済でなければ和解しないなどと言い放つこともあります。この会社は,いつどうなるか極めて予断を許しませんので,過払い金の返還は,早期回収が肝要です。


CFJ合同会社
かっては,弁護士が受任通知書を発送すると,過払いの場合には,一方的に債務免除通知を発送してきたり,過払い金返還請求訴訟を提起すると数十ページもの答弁書をFAXしてくるということで弁護士の間で大いに話題になりました。最近は,そのようなことも少なくなり,過払い金の減額を頼み込まれることはあるものの,大人しくなった感じがします。

しかし,大人しくなったのは,あくまで過払い金返還の場合であり,分割返済の交渉では,訴訟提起をチラつかせて遅延損害金の付加を要求してくるなど,かなりやっかいな相手です。こんな相手の場合,こちらが別件で過払い金の返還を請求するときには,感情的に減額に応じる気になれないものです。


新生フィナンシャル(もとのGEコンシューマーファイナンス)
レイクのブランドで有名な業者ですが,かって取引履歴を途中からしか開示せず,多数の訴訟で問題となりました。過払い金返還請求訴訟を提起すると,必ず顧問弁護士の代理人を立ててきましたが,最近は,訴訟前に解決しようという柔軟な姿勢が多かった印象です。

昨年,新生銀行の子会社となり,今年になってからは社名も変更してしまいました。すっかりかっての面影はなく,ほとんどもめることはありません。


本当のブラックリストとは
マイカーはどうなる?
家は手放さなくても良い?
多重債務の解決方法
弁護士に依頼するメリット
借入れ先によって違う?

[0]トップページ

今すぐ無料相談のご予約を! 予約フォーム Tel:0120-481744
Mail:smaedalaw.hp@gmail.com

前田尚一法律事務所
Copyright S.MAEDA&CO. All rights reserved.

札幌市中央区南1条西11-1 コンチネンタルビル9階
地下鉄東西線「西11丁目駅」2番出口から右へ45秒
地図 TEL:0120-481744