債務整理・過払い無料相談TOP > 任意整理とは

任意整理

任意整理とは,債務者が支払可能となるように,返済額や返済方法について,債権者ごとに個別に交渉して,和解することです。

任意整理のメリットとデメリット

弁護士に依頼し,任意整理を申し立てる場合も,他の債務整理の方法と同様に,すべて弁護士が窓口となって対応することとなります。

例えば,サラ金などの貸金業者の取立てを直ちに中止させることができ(取立行為の規制),以後,通常は返済をすべて停止したままで,弁護士が準備を進めることになるというメリットがあります。

また,債務額については,利息制限法に基づく引き直し計算により残元本を減額することを前提として処理します。サラ金などの貸金業者との対応技術又は法律,判例の知識の点で,有利に対処することが可能となります。

メリット

自己破産や個人再生は,裁判所の手続であり,公平・誠実が要請されることになりますので,原則として,全ての債権者を対象にして,平等に対応することが要請されます。

しかし,任意整理は,債権者毎にする個別の和解ですから,返済条件は交渉次第で有利に変わってきます。また,特定の債権者を,債務整理の対象からはずして,従来どおり約定の返済を続けていくことも可能です。

例えば,自宅,自動車などを手放したくない場合であるとか,連帯保証人がおり,迷惑をかけられないような場合は,敢えて一定の債権者を除外することができるのです。
そのほか,破産手続にあるような職業制限・資格制限もありません。
また,破産・免責手続や個人再生手続のように官報の掲載されることもありません

デメリット

破産・免責手続のように,債務がなくなったり,個人再生手続のような大幅な債務減額は期待できません
また破産法,民事再生法等で規定されている強制執行の停止等の効力はありません。 しかし,債権者も,よほど放置し続けたような場合でなければ,強制執行をしてくることがないのが通例です。

⇒過払い請求、無料電話相談はこちら
⇒その他の債務整理に関する無料相談はこちら

メールでのお申し込み・お問合せ

お名前 ※必須
電話番号
メールアドレス ※必須
連絡方法 ※必須 電話  (通話可能な時間帯: の間 )
メール
どちらでも良い

※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時 第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
ご質問、状況などを
ご入力ください。

はい